前へ
次へ

家族葬と言う形で亡くなった方を弔う人が増えている

葬式のイメージは多くの参列者が葬儀会場に集まって亡くなった方と最後のお別れをするのが一般的ですが、そ

more

生前にも相談ができるから後悔しない

葬祭ディレクターが籍をおく、こうした葬儀社でならば、思い思いのセレモニーが執り行えるようです。

more

葬儀業者に関してうまく調べるためにも

お葬式に関して、間違いのない展開にしたいと感じているのであれば、しっかりとサポートしてくれる葬儀業者

more

葬式を行う時の注意点や考えるべきこと

自分の親族や友人、知人が亡くなった時お通夜や葬儀・告別式などを行います。
出席することも人生の中で何度かあるでしょう。
特に誰かが亡くなるということは悲しい出来事ですし、葬儀に参列する方たちは大きな悲しみに包まれています。
ですから、葬式に参加するときは、マナーをしっかり意識することは大切です。
マナーが守られていないと、特にご親族が感情的になりやすいですしトラブルの元ともなりかねないからです。
そんなマナーがあるでしょうか。
まずは服装です。
服装に関しては、男性も女性もやはり明るい色の服ではなく「地味」な服装を選ぶのが基本です。
男性であれば黒いスーツ、黒のネクタイ、黒の革靴といった具合です。
女性であれば地味なスーツか、黒のワンピースなどを着られる方もおられます。
また代金を包むことがありますが「ふくさ」と呼ばれるものです。
不祝儀袋と呼ばれるものに入れますが、この際にも表書きのマナーや中袋のマナーなどもあります。
こうした点はネットや本などでも確認することができますので、こうしたもので参考にできますやはり葬儀に参加する時に一番大切なのは、ご遺族の気持ちを第一に考え、自分のお悔やみの気持ちをどのようにしたら表せるかということです。
事前にこうした点を確認することで、急に誰かが亡くなったとしても慌てず行動することができます。

堺市立斎場

通夜やお葬式の流れについて知らない方も多いです
知らない場合はプロの方に段取りをお任せしましょう

Page Top