前へ
次へ

家族葬と言う形で亡くなった方を弔う人が増えている

葬式のイメージは多くの参列者が葬儀会場に集まって亡くなった方と最後のお別れをするのが一般的ですが、その場合遺族はとても忙しく参列者に対して色々と気を遣う必要があります。
一番悲しんでいるはずの親族が参列者のために色々と動き回らなければならず疲れてしまうことが多々ありますが、この葬儀の形態に関して疑問に感じる人が増えています。
確かに多くの人が来てくれて最後のお別れをしてくれるのは有難いことではありますが、遺族の中には亡くなった方と静かに最後のお別れをしたいと考えている人がいるのも事実です。
それが出来ないのはとても残念に感じる人も多く何か良い方法はないか考える人が増えていることもあり、最近では家族葬を選ぶ遺族が増えていて葬儀会社でも積極的にこの形態を取り入れています。
家族葬であれば身内だけが集まって亡くなった人と最後のお別れをすることが出来ますし参列者のために気を遣う必要はないので、今では家族葬と言う形を選ぶ遺族が増えていてその需要も高まりつつあります。

Page Top